代理人として任せる

浮気慰謝料は、弁護士に相談できることのひとつになってきます。不倫されるということは、精神的にダメージを受けた時に金銭に換算して請求することです。損害賠償請求というところになってきますが、相手が不貞行為を働き、それが精神的な損害につながっていなければいけません。これは、自分の相手に請求するだけではなく、不倫していた相手に対しても請求ができます。離婚することが前提ではありませんので、結婚関係を継続させたいといった場合にも請求できるものといえるでしょう。この場合、本人が請求することが基本となってきますが、弁護士は代理人として活動してくれます。

弁護士が代理人として行動できるようになれば、相手方との交渉は、自分でおこなわないで済むようになります。代理人として、すべて弁護士が活動できるようになるため、相手方と顔を合わせる必要もありません。弁護士が交渉や話し合いの場も作り、スムーズに進むように段取りもしていくため、精神的に厳しいときにも、心配はいらなくなるでしょう。話し合いで解決しないときでも、弁護士がすべて道筋を作ってくれます。裁判になるような場合になっても、代理人として活動してくれるため心配はいりません。

Writen by admin